飲料水の種類

飲料水の種類

コンビニや自販機などで手軽に購入できるミネラルウォーター。
しかし、皆さんが「ミネラルウォーター」と一括りにしている飲料水には4つの種類が存在します。

日本には農林水産省によって規定された「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」というものが存在し、水源や加工方法などの違いによって分類されています。

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)

ナチュラルミネラルウォーターとは、ミネラルが豊富に溶け込んでいる地下水のことです。
地中で長い時間をかけてろ過される過程で多くのミネラルが溶解した水源に、最低限の殺菌処理(ろ過・沈殿・加熱)だけを行います。

人工的にミネラルを添加したり、もともとの成分を調整することは許されていません。そのため、自然そのものの美味しさを保ったお水なので誰でも安心して飲むことができます。

しかし、高い品質管理を維持するための設備が必要となり、製造に手間暇がかかるので、価格が少々高くなりがちです。

「富士山のおもてなし」と「富士山のしずく」はここに分類される安全で美味しいお水です。

ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターは、溶解しているミネラル成分が天然水よりも少ない地下水を使用したお水を指します。

こちらも人工的にミネラルを添加するなどの成分調整は許されておらず、最低限のろ過・沈殿・加熱殺菌処理だけを行ってボトリングされています。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、ミネラル成分を含んでいるお水の総称のことで、決して「ミネラルウォーター」=「天然水」ではありません。
人工的にミネラルを添加したり、品質を安定させるために成分を調整することが許さているお水です。

また、原水に指定がないため、水道水や蒸留水でもミネラルさえ加えればミネラルウォーターと名乗ることができます。
殺菌方法はろ過・沈殿・加熱のほか、オゾン殺菌や紫外線殺菌などの方法も認められており、原水のブレンドも許されています。

製造が容易なので、安価で販売できるというメリットがあります。

ボトルドウォーター

ボトルドウォーターは上記3つのいずれとも違って、水道法で「飲用適」と認められていたお水のことを指します。
つまり、「飲用可能なお水すべて」ということになります。

ボトルドウォーターは水の処理方法が限定されていないため、飲用可能なお水になるまでの課程がどんなものであっても構いません。
そのため、水道水をそのままボトルに詰め替えただけのものでもボトルドウォーターと名乗ることができます。

@223omotenashi