原水(原材料)の種類

原水(原材料)の種類

一口にミネラルウォーターと言っても数え切れないほどの種類が販売されていて、どのお水を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
そんな時はきっと、ペットボトルのラベルの裏の表示を確認するという方も少なくないかと思います。

栄養成分や採水地など様々な情報が記されていますが、今回はミネラルウォーターの元となる原水(原材料)の種類についてご紹介いたします。

7つに分類されるミネラルウォーターの原材料

ミネラルウォーターのラベルの裏を見ると、原材料という欄に「水(●●●)」というように、水の後に括弧書きで『深井戸水』とか『温泉水』などと書かれているかと思います。

これは農林水産省によって規定された「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」に則って、採水する水源の場所の違いにより下記の7つに分類されています。

種類 解説
湧水 自墳する地下水のこと。地下水が人為的な動力に頼ることなく、自然に地下から地表に湧き出たもの。
鉱水 ポンプなどで採水した地下水で、一定のミネラル成分を含んでいるもの。
鉱泉水 一定のミネラル成分を含み、水温が25℃未満の自噴する地下水のこと。
温泉水 一定のミネラル成分を含み、水温が25℃以上の自噴する地下水のこと。または、温泉法第2条に規定される鉱物などにより、特徴付けができる地下水のうち飲料に適するもの。
浅井戸水 深さが70m未満の浅い井戸から、ポンプなどで採水した地下水のこと。
深井戸水 深さが70m以上の比較的深い井戸から、ポンプなどで採水した地下水のこと。
伏流水 河川敷や山麓の下層にある砂礫層(されきそう)を流れている、極めて浅い地下水のこと。

※温泉の定義

地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、次に掲げる温度または物質を有するものをいう(第2条第1項)。

  1. 泉源における水温が摂氏25度以上(摂氏25度未満のものは、冷泉または鉱泉と呼ぶ事がある)。
  2. 以下の成分のうち、いずれか1つ以上のものを含む。(含有量は1kg中)
    1. 溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000mg以上
    2. 遊離炭酸(CO2) 250mg以上
    3. リチウムイオン(Li+) 1mg以上
    4. ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上
    5. バリウムイオン(Ba++) 5mg以上
    6. フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++) 10mg以上
    7. 第一マンガンイオン(Mn++) 10mg以上
    8. 水素イオン(H+) 1mg以上
    9. 臭素イオン(Br-) 5mg以上
    10. 沃素イオン(I-) 1mg以上
    11. フッ素イオン(F-) 2mg以上
    12. ヒ酸水素イオン(HAsO4--) 1.3mg以上
    13. メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
    14. 総硫黄(S)[HS-,S2O3--,H2Sに対応するもの] 1mg以上
    15. メタホウ酸(HBO2) 5mg以上
    16. メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
    17. 重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
    18. ラドン(Rn) 20×10-10Ci以上
    19. ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上
(出展:ウィキペディア 温泉法