硬度について

硬度について

ミネラルウォーター選びの際によく目にする「硬度」という言葉。
市販されているミネラルウォーターは、硬度の数値の違いによって「軟水」と「硬水」の2種類に大別されます。

今回はお水選びで特に重要視される硬度について、ご紹介いたします。

硬度とは?

ミネラルウォーターにはナトリウムやカリウムなど、様々なミネラル成分が含まれています。
そのミネラル成分の中でも、カルシウムとマグネシウムの水1リットル中に含まれる量を表した数値を「硬度」と言います。

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度の数値が120mg/L以下を「軟水」、120mg/L以上を「硬水」としています。

WHO(世界保健機構)の硬度の分類

分類 硬度
軟水 軟水 60mg/L 未満
中程度の軟水(中硬水) 60~120mg/L 未満
硬水 硬水 120~180mg/L 未満
非常な硬水 180mg/L 以上

つまり簡単に言うと、カルシウムとマグネシウムの含有量が少ないお水が軟水、多い水が硬水ということになります。

この2つのミネラル成分は骨や歯を形成する大切な栄養素ですが、含有量が多ければ多いほど良いという訳ではありません。

水は硬度が高くなるにつれて、口当たりが重くなり、独特の風味やクセを強く感じて飲みづらくなります。また、硬水を飲みなれていない方の中にはお腹を下してしまう場合もあります。

対して硬度が低い軟水は、口当たりまろやかで飲みやすく、胃腸の負担が少ないので赤ちゃんやペットでも安心して飲むことができます。

高級温泉水「富士山のおもてなし」と天然水「富士山のしずく」は硬度60mg/L以下の軟水なので、常温でも美味しく、どなたでも安心してお飲みいただけます。

@223omotenashi