よくいただくご質問

専門用語について

『軟水』と『硬水』の違いってなんですか?

軟水と硬水の違いは『硬度』です。
硬度というのは、お水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量のことで、硬度100mg未満が軟水、100mg以上が硬水と呼ばれています。
硬水は独特の風味が強くて飲みづらく、お腹が緩くなりやすいというデメリットがありますが、軟水は口当たりまろやかでお腹にも優しいのが特徴です。
富士山のおもてなしは、「メタケイ酸7800」「アルカリイオン9.70」「バナジウム5300」の3種類全てが軟水に分類されている、美味しいお水です。
 

『pH(ペーハー)』とはなんですか?

pHとは、水溶液中の水素イオン濃度を表す指標のことです。
pHが0〜6未満なら酸性、6〜8以下が中性、8超過〜14がアルカリ性です。
富士山のおもてなしは、3種類とも弱アルカリ性のお水です。